PR

ニュース 経済

LIXILが災害時に水使用量を大幅削減できるトイレを開発

Messenger
LIXILが開発した災害時に水使用を大幅に削減できる公共用トイレ「レジリエンストイレ」=7日、東京都千代田区(平尾孝撮影)
LIXILが開発した災害時に水使用を大幅に削減できる公共用トイレ「レジリエンストイレ」=7日、東京都千代田区(平尾孝撮影)

 住設大手のLIXIL(東京)は7日、災害などで断水した際に使用する水の量を大幅に削減できる公共用トイレ「レジリエンストイレ」を開発し、4月1日から販売すると発表した。災害時の避難所として使われる学校などの公共施設などに売り込む。

 一般的な水洗トイレは約5リットルの水で洗浄するが、レジリエンストイレは、便器下部に強制開閉弁を採用することで、1リットルの水でも洗浄できるようにした。通常時と災害時の切り替えはタンク内のリングを外すだけで済む。価格は18万円(税抜き)。

 大震災や水害で、被災者が避難所生活を余儀なくされる際、困るのは、食事やプライバシーの確保よりもトイレとする調査結果もあり、特に衛生面での不安を気にするケースが多いという。そのため水分摂取を控えるようになり、脱水症や各種の健康障害、災害関連死につながるリスクも指摘されている。

 レジリエンストイレは災害時にプールなどから少量の水を持ち込むだけで水洗トイレとして使える。LIXILは災害時の避難生活におけるトイレの悩みの解消につなげたいとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ