PR

ニュース 経済

世耕経産相、データ流通ルール「日本が主導」 参院予算委

Messenger
参院予算委員会で答弁を行う世耕弘成経産相=6日午前、国会・参院第1委員会室(春名中撮影)
参院予算委員会で答弁を行う世耕弘成経産相=6日午前、国会・参院第1委員会室(春名中撮影)

 世耕弘成経済産業相は7日午前の参院予算委員会で、人工知能(AI)の開発・活用といった第4次産業革命の動向を左右するデータの国際流通のルール作りに関し「日本が旗振り役となって国際議論を主導していきたい」と述べた。

 自民党の小鑓(こやり)隆史氏は、政府がデータを独占する中国や「GAFA(ガーファ)」と呼ばれる米IT大手4社(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン・コム)などによるデータの囲い込みに言及し「他国で日本企業が生み出したデータさえ自由に使えない状況も起きる懸念がある」と述べた。

 世耕氏は「データは付加価値の源泉だ。プライバシーやセキュリティーに関する信頼を確保する一方で、自由なデータ流通を促進する国際的な枠組みの形成を目指す」と言及。「国際的な議論と協力を積み重ねていきたい」とも述べた。

 そのうえで、20カ国・地域(G20)や世界貿易機関(WTO)の関連会合の機会を積極的に活用する考えを示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ