PR

ニュース 経済

吉野家牛丼に超特盛・小盛 新サイズは「28年ぶり」

Messenger
「超特盛」など2サイズが加わり、全6種類となった吉野家の牛丼
「超特盛」など2サイズが加わり、全6種類となった吉野家の牛丼

 吉野家は4日、主力の牛丼メニューに新たに2つのサイズを追加し、7日午前4時に販売を開始すると発表した。新サイズの牛丼登場は平成3年の「特盛」以来、28年ぶり。

 追加する牛丼メニューは、牛肉とご飯の量がいずれも「並盛」の約4分の3の「小盛」(360円)と牛肉の量が「大盛」の2倍でご飯は大盛や特盛と同量の「超特盛」(780円)。

 小盛は、健康志向の高まりを背景に、中心顧客の40代、50代の男性から「サラダを注文したいが並盛でも全部食べられない」、「最小サイズの並盛よりも少ない量の牛丼メニューがほしい」との要望があり、メニュー化に踏み切った。

 一方、超特盛は、新規顧客開拓に向けた戦略だ。ご飯の「おかわり自由」といった増量キャンペーンをした際に若者の利用があることに着目。「たくさん食べたい、というニーズのある若年層を取り込むためにメニュー開発を行った」(広報担当者)という。

 このほか7日からは、朝食メニューにご飯とみそ汁、おかず3品を加えて定食化した「一汁三菜朝膳」6種(390~590円)などの提供を始める。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ