PR

ニュース 経済

ミラーレス合戦、広がる価格帯 カメラ見本市「CP+」でアピール

Messenger

 アジア最大のカメラ見本市「CP+」が28日、横浜市で3月3日までの日程で開幕する。これを前にカメラ各社が相次いでミラーレスカメラの新機種を発表、プロ仕様の高級機から手頃な小型・軽量機まで価格帯も広がってきた。昨年はニコンとキヤノンが本格参入し、ミラーレスの国内出荷台数が一眼レフを上回っており、商戦が盛り上がりそうだ。

 大型画像センサーを搭載した「フルサイズ機」でシェア首位のソニーは、小型センサーで軽量の「α6400」を22日に発売した。“自撮り”がしやすい可動式液晶モニターを備え、買いやすい価格に設定した。

 富士フイルムも、小型の「APS-Cサイズ」センサー搭載で重さを400グラム以下に抑えた新機種を3月下旬に売り出す。

 ミラーレスの販売戦略は、一眼レフと同様に「顧客の囲い込み」がカギだ。自社規格の交換レンズをそろえてもらえば、カメラを買い替える際も自社製品を選んでもらえる可能性が高まる。「中級機でユーザー層を広げ、高級機へつなげたい」(ソニーマーケティングの小笠原啓克統括部長)と売り込みを図る。

 ミラーレスの草分けのパナソニックは、3月23日発売の新機種でフルサイズに参入する。プロ需要を狙い、シェア10%が目標。独ライカカメラのレンズ規格を採用し、国内メーカーのシグマと3社協業でレンズの品ぞろえも充実させる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ