PR

ニュース 経済

シーメンスCEO、日立とのシェア争いに勝算 欧州委員会の統合却下への批判も

Messenger
報道陣の質問に答えるシーメンスのジョー・ケーザー最高経営責任者=19日、東京都内(佐久間修志撮影)
報道陣の質問に答えるシーメンスのジョー・ケーザー最高経営責任者=19日、東京都内(佐久間修志撮影)

 ドイツの製造業大手シーメンスのジョー・ケーザー最高経営責任者(CEO)は19日、産経新聞などのインタビューに応じた。大型買収により送配電事業の世界最大手となるライバルの日立製作所とのシェア争いについて、「買収が完了するまでがシーメンスにとっては大きな機会」と述べ、需要拡大が見込まれる主力事業で自信を見せた。また鉄道事業で、世界3位の仏アルストムとの統合計画案を認めなかった欧州委員会の決定に疑問を呈した。

 シーメンスが昨年8月に明らかにした今年4月からの組織再編で、送配電事業は工場自動化などの「デジタルインダストリー事業」、都市インフラ整備などの「スマートインフラストラクチャー」事業と並ぶ主力事業に位置づける。ケーザー氏は「企業や個人までが発電、消費するなど電力供給形態が変化しており、有望な市場だ」と語る。

 その上で、スイスの重電プラント大手ABBから送配電事業を買収する日立について、「グローバルで尊敬するブランド」と持ち上げた上で、「両社は2020年に新会社を設立する。この1年は大きな機会だ」と述べ、ライバルが態勢を整える前に攻勢をかけていく考えを示した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ