PR

ニュース 経済

パズルゲーマー、実は「ゲーム自体には無関心」!? 意外な実態判明

Messenger

 世代を問わず浸透してきたスマートフォンゲーム。電車の中では老若男女問わず画面に没頭し、街頭でも中高年が「ポケモンGO」を楽しむ姿がよくみられる。

 では、こうした各ジャンルのゲームアプリを楽しんでいるのはどんな人か。ゲームビジネスに特化したアンケートやコンサルティングを手掛けるゲームエイジ総研(東京都渋谷区)は、ゲームユーザーのライフスタイルや考え方を調査した。特にパズルゲームのアプリを主に遊んでいる人に着目したところ、「実はあまりゲーム自体に関心がない」という、ちょっと意外なユーザー像が浮かび上がった。

パズルゲームユーザーはどんな人?(写真はイメージ、提供:ゲッティイメージズ)
パズルゲームユーザーはどんな人?(写真はイメージ、提供:ゲッティイメージズ)

 「ゲームは暇つぶし」

 アンケートは同社が2018年11月、全国の10~40代の男女2000人にWeb上で行った。うちスマホなどでアプリゲームを遊んでいる人は59.6%に上った。その中でも、好きなゲームのジャンルについて「パズルゲームのみ」と回答した185人に注目して分析した。アプリゲームユーザー全体の3割超と、他のジャンルのゲーム好きと比べても突出して多い結果となった。

アプリゲーマーの好きなゲームジャンル(ゲームエイジ総研調べ)
アプリゲーマーの好きなゲームジャンル(ゲームエイジ総研調べ)

 同社によると、パズルゲームのみを好むユーザーの86%が女性。特に全体の約6割を30~40代女性が占める。職業別の割合を見るとトップは専業主婦で35.1%となったほか、64.9%を既婚・子持ちの属性の人が占めた。

パズルゲームのみ好きなゲームユーザーの構成比(ゲームエイジ総研調べ)
パズルゲームのみ好きなゲームユーザーの構成比(ゲームエイジ総研調べ)

 彼らにゲーム全般に対する意識を聞いたところ、「ゲームは暇つぶしとしてやることが多い」と答えた人が51.4%を占め、ゲーマー全体(42.6%)を上回った。一方で「自分はゲーマーだと思う」と回答した人は1.1%にとどまった。

 利用するゲーム機器についても、専用機をほとんど所有していない傾向がみられた。最も所有率が高い機器でも「ニンテンドー3DS」で5.4%と、ゲーマー全体(33.8%)をはるかに下回った。

 主婦が家事の隙間時間にプレイ?

 ゲームエイジ総研の担当者は「パズルゲーマーは他のジャンルのゲームと接点がなく、ライフスタイルを見ても『ゲームをぜひやろう』という感じではない」と分析。ゲーム自体を必ずしもポジティブに捉えず暇つぶしだけの目的で遊んでおり、能動的にプレイする意識が低くゲームに比較的「無関心」である、とみる。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ