PR

ニュース 経済

エアバス「世界最大旅客機」の生産中止発表

Messenger
エティハド航空のエアバスA380=2018年9月、オーストラリア・シドニー国際空港(桐原正道撮影)
エティハド航空のエアバスA380=2018年9月、オーストラリア・シドニー国際空港(桐原正道撮影)

 【パリ=三井美奈】欧州航空大手エアバスは14日、超大型旅客機「A380」の生産中止を決めたと発表した。

 最大の取引先だったエミレーツ航空がA380の発注機数を削減し、より小型のA330やA350に切り替えたのが原因。エアバスは「2021年の引き渡しで最後になる」としている。

 A380は2007年に初就航。総2階建てで「運航している世界最大の旅客機」として注目を集めた。日本では全日空が、今年5月から成田-ハワイ・ホノルル便への就航を発表している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ