PR

ニュース 経済

西武鉄道が新型特急「ラビュー」を公開

Messenger
西武鉄道が報道陣に公開した新型特急車両の[ラビュー」=14日、埼玉県所沢市(平尾孝撮影)
西武鉄道が報道陣に公開した新型特急車両の[ラビュー」=14日、埼玉県所沢市(平尾孝撮影)

 西武鉄道は14日、3月16日から、池袋駅(東京都)と西武秩父駅(埼玉県)間での運行を開始する新型特急車両「Laview(ラビュー)」を報道陣に公開した。同社のフラッグシップトレインと位置づけ、2020年東京五輪・パラリンピックに向けた観光需要と、通勤や帰宅の有料着席サービスといったビジネス需要の双方を狙う。

 先頭は球面形状。車内は黄色をベースにコーディネートされ、電源コンセント、フリーWi-Fiが導入されている。車いす対応の多目的トイレやパウダールームも用意した。基本デザインは建築家の妹島和世氏が監修した。

 池袋~所沢駅(埼玉県)が最速19分と、高速化も実現。現在、池袋~西武秩父間は「ニューレッドアロー」が運行されているが、これを順次ラビューに入れ替え、平成31年度中にすべての編成を置き換える予定だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ