PR

ニュース 経済

GDPプラス成長復帰も先行き楽観できず 米中摩擦が重し

Messenger

 こうした海外経済の後退観測を受け、設備投資の見直しを検討する動きも出てきた。三菱自動車の益子修会長兼最高経営責任者(CEO)は「持続可能な形で収益を着実に上げることに重点を置く。そういう姿勢で投資も考える」と強調する。

 日本経済の先行きは米中貿易協議の行方がカギを握る。茂木敏充経済再生担当相は14日の記者会見で「米中の通商交渉や英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)など近々見通しが分かってくるものもあるので注視をしたい」と厳しい表情を見せた。(桑原雄尚)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ