PR

ニュース 経済

倒産寸前の町工場がタオルで大逆転! ヒットの秘密は「糸」と「伝え方」

Messenger

 この新しい使い方を量販店やテレビ通販などを通じて提案し、女性の心をつかんだ。販売枚数は一気に月2万枚以上に。さらに、その後は全国ネットのテレビ番組で次々と取り上げられたことが追い風となり、売り上げはどんどん増えていった。

 殺到する注文に対応するために生産体制を整え、今では月20万枚を出荷するほどになった。

 目指すのは「世界一の撚糸工場」

 タオルの大ヒットが会社を救ったものの、前述のように、浅野撚糸の事業は「糸」が軸だ。スーパーゼロを使って、タオル以外の商品開発も進めている。すでに高級パジャマなどへの採用実績もある。今後は、和紙とスーパーゼロを組み合わせたストレッチ素材の開発などにも挑んでいくという。

 V字回復の原動力について、河合氏は「社長のパワーが周りを引っ張ってきたのだと思います」と振り返る。2代目社長の浅野雅己氏は倒産寸前になっても諦めず、冷静にものづくりに向き合い続けた。

 そんな浅野氏がよく口にするのが「世界一の撚糸工場」という目標だ。タオルが売れても、本来の役割を決して忘れない。「エアーかおるがヒットして浅野撚糸の名前が広まったことで、“撚糸”の地位が上がっていくとうれしいですね」(河合氏)

 19年は設立50周年の節目となる。タオルで得た発信力を足掛かりに、将来を見据えた飛躍を目指す。(ITmedia ビジネスオンライン)

本社の隣接地に「エアーかおる」の情報を発信するアンテナショップを建設中。2019年秋にオープン予定
本社の隣接地に「エアーかおる」の情報を発信するアンテナショップを建設中。2019年秋にオープン予定

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ