PR

ニュース 経済

倒産寸前の町工場がタオルで大逆転! ヒットの秘密は「糸」と「伝え方」

Messenger

 「つぶれる。もうだめだ」

 周囲の誰もがそう思い、事業継続を諦めかけていた。10年ほど前、そんな危機的状況に陥っていた町工場が今、大躍進を遂げている。

 その企業は、岐阜県安八町に本社を構える浅野撚糸だ。起死回生の商品開発で生み出したタオル「エアーかおる」は累計680万枚(2019年1月時点)を販売。売れ筋商品で1枚1800円(税別)という価格にもかかわらず、飛ぶように売れている。この商品を発売した07年ごろ、2億円強に落ち込んでいた年商は、13億5000万円(18年)にまで跳ね上がった。

 どのように浅野撚糸はどん底からはい上がったのか。商品を生み出し、ブランドが羽ばたくまでの軌跡を追った。

累計680万枚を販売したタオル「エアーかおる」
累計680万枚を販売したタオル「エアーかおる」

 繊維産業「海外シフト」で仕事が激減

 「撚糸(ねんし)」とは、糸に撚り(より)をかける、つまり、ねじり合わせること。繊維から糸をつくる紡績業の工程だ。「腕によりをかける」といった言葉もここから生まれている。社名の通り、浅野撚糸の本業だ。

浅野撚糸の工場
浅野撚糸の工場

 繊維産業が盛んだった岐阜県内には、かつて400社の撚糸工場があったという。しかし、今では30社にまで減っている。衰退の大きな要因は「海外シフト」だ。

 浅野撚糸はストレッチ素材向けの糸などの開発や加工を手掛け、1990年代までは大手商社やメーカーと活発な取引をしていた。ところが、2000年代に入ると状況は一変する。撚糸の加工技術やノウハウが中国などに流出。海外工場の技術が急速に高度化し、繊維産業の工程は丸ごと海外にシフトしてしまった。

 残った仕事をほそぼそと続けていたが、それも長くは続かない--。そんなときに巡ってきたのが、「新しい糸」の開発だった。

 きっかけは、繊維商社から「水に溶ける糸を何かに使えないか」と、用途開発を持ちかけられたこと。その糸は細く、そのまま使うとすぐに切れてしまうため、通常の綿糸に加える形で「補強材」として使うことにした。

一般的な綿糸(左)と「スーパーゼロ」
一般的な綿糸(左)と「スーパーゼロ」

 4年にも及ぶ試行錯誤の結果、できたのは“膨らむ糸”だ。すでに撚りがかかっている通常の綿糸を、まずは反対方向にひねることで繊維の状態に戻す。その状態から水溶性の糸を撚り合わせていく。出来上がった糸を熱湯に入れ、水溶性の糸だけ溶かすとどうなるか。繊維の間に隙間ができる。そして、撚りを戻そうとする力が働いて、さらに糸が膨張する。

 このように加工した糸は、繊維の間に空洞があるため、伸び縮みしやすい。一般的な綿糸の約1.6倍のボリュームになる。この糸を「スーパーゼロ」と名付け、特許も取得した。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ