PR

ニュース 経済

CDも苦戦しているのに、なぜ中目黒のカセットテープ店は好調なのか

Messenger

 土肥: 「いい店をつくれば」ということですが、角田さんは実店舗を運営した経験がありません。どこかの店を参考にしたのでしょうか?

 角田: 実店舗をたくさん見て回りました。たくさん見ていくなかで、「この店はここがよい」「この店はここがよくない」といったポイントがなんとなく見えてきました。カセットテープの場合、普通のワゴンに入れてしまうと、安っぽいジャンク品に見えてしまう。

 お客さんに懐かしいモノとして受け止めてもらうのに、どうすればいいのか。古いテーブルの上に、カセットテープごとにキャプションを付けて並べれば、ジャンク品ではなくアートのように見えてくる。このほかにも棚はどのようなデザインがいいのか、どこに置けばいいのか、といったことを考えて、いまのフォーマットに収まったという感じですね。

 土肥: なるほど。オープン当初はどのような反響があったのでしょうか?

 角田: アマゾンでネットに関係することをやってきたので、カセットテープ店ではネットを使わずにどこまでビジネスができるのかをテストしたかった。というわけで、SNSもせずに、通販もせずに。Webサイトには住所などの情報を掲載するのみ。最初の2年間はそれだけなので、宣伝費はほぼゼロ。

 それでも店の前を通った人は、「ここで何を売っているのかな?」「カセットテープを売っているの?」といった感じで、入店される。そうした人たちがSNSなどで紹介してくれて、口コミで広がっていきました。何をもって成功と言えるのかよく分かりませんが、店は3期を終えました。1期目は初期投資などもあって、決算は赤字に。ただ、2期目、3期目は黒字を確保することができました。

 このような話をすると、「順調なのね」と思われたかもしれませんが、短期的なことはあまり気にしていません。このビジネスをどうやれば継続させることができるのか。このことが重要だと思っているんです。

 ブームで終わらせてはいけない

 土肥: 店を継続させるために、何が重要だと思いますか?

 角田: 数年ほど前から、「カセットテープがブームだ!」などと報じられることが多くなってきました。盛り上げられて、消費されて、あっという間に熱が冷めてしまったら、意味がないと思っているんです。ブームにされないために、ブレーキをかけることも必要なのかなあと。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ