PR

ニュース 経済

自動車7社、スズキ除き最終減益 4~12月期決算

Messenger

 今後も米中貿易摩擦の影響など不安材料は多く、各社とも先行きへの懸念は強い。12日に横浜市内で開いた決算会見で、日産の西川広人社長は「米国の需要はピークアウトし中国も成長の踊り場にあるが、ブランド価値を高め収益を確保する」と気を引き締めた。

 31年3月期の通期最終利益見通しはトヨタや日産など4社が下方修正。ホンダは上方修正し、スズキと三菱自動車が据え置いた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ