PR

ニュース 経済

【CMウォッチャー】「意識高すぎ! 高杉くん」 売り出し中のイケメン俳優が華麗なドラム演奏

Messenger
細杉くんを意識する高杉くん
細杉くんを意識する高杉くん

 神木隆之介さん(25)と松本穂香さん(21)らのコミカルなかけあいが人気のKDDI(au)の「意識高すぎ! 高杉くん」シリーズの新CM「ドラム」篇が1月29日から放映されている。今売り出し中の若手俳優の中川大志さん(20)が演じる“細かすぎる”細杉(こますぎ)くんが意外な一面をみせる内容で、新境地を開拓している。

 CMは、米アップルの定額制音楽配信サービス「アップルミュージック」を6カ月間無料にするキャンペーン。昨年12月以降にauで新規契約または機種変更し、新たにスマートフォンを購入した利用者全員が対象で、春の買い替えで新規顧客の獲得を狙ったものだ。

 放課後、音楽に合わせて机をドラム代わりに指でたたく神木さん。その様子を後ろから見つめていた松本さんが「何しているの」と声をかけると、驚きながら「ドラムのイメトレだよ」と振り返る。松本さんが「なんでまた急に」と冷静につっこむと、慌てた様子で「アップルミュージックでドラムのイメトレだって」とごまかす。

 松本さんが「あ、細杉くん?」と何かを思い出す。回想シーンに移ると、音楽室でドラムを披露し他の学生に取り囲まれていた中川さん演じる細杉くんの姿が…。

 細杉くんを意識していたのがばれてばつが悪い神木さんは「違うよ! auなら5000曲聴き放題のアップルミュージックが6カ月無料だからさ」と説明調で焦って言い訳。楽曲には大阪を拠点に活動する若手バンド「ヤバイTシャツ屋さん」の「かわE」が起用されており、それでも、高杉くんは音楽にノリノリで、1人、エアドラムをしながら帰宅するという内容だ。

 幼少期にドラムを習っていた中川さんはドラマーを演じた出演映画で、役作りのために10カ月にわたって、猛特訓した経験を持っている。CM撮影にあたって、事前に復習を重ね、収録直前まで自主練習を繰り返していたという。

 1月29日のCM発表会には、松本さんと中川さんが出席。細杉くんの姿ではイベントに初めて登壇した中川さんは「半分CGなのがばれてしまう」と冗談を飛ばして謙遜したが、見事なスティックさばきを披露した。運動が苦手な設定の細杉くんだが、長髪を振り乱してビートを刻む姿に「細杉くんのギャップにきゅんと来る人は多いんじゃないでしょうか」と中川さん。中川さんは「今までやってきたどんな役よりも好評をいただいている。自分にとっての代表作と思っている」と会場を盛り上げた。

 ちなみに、発表会では、司会者からの“むちゃぶり”で松本さんもぶっつけ本番で生演奏をすることに。何とかアドバイス通りにこなしてみせたが、温かく見守った会場中の視線に「こんな雰囲気でイベントが終わるなんて、すいません」と笑いを誘った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ