PR

ニュース 経済

資生堂、初の営業益1千億円突破 平成30年12月期

Messenger

 資生堂が8日に発表した平成30年12月期連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が前期比34.7%増の1083億円と初めて1千億円を超えた。中国や日本を中心に高価格帯のブランドが好調だったほか、インバウンド(訪日外国人)向け販売が20%以上拡大した。売上高は8.9%増の1兆948億円、最終利益は2.7倍の614億円で、同じく過去最高を更新した。

 30年12月期は全地域で売り上げを伸ばし、特に中国は前期比32%の大幅増となった。インバウンドを含む日本も9%伸びた。高価格帯ブランド「SHISEIDO」や「クレ・ド・ポー ボーテ」など主要8ブランドだけで、増収分の約9割を占めた。

 この日会見した魚谷雅彦社長は、中国の景気減速について「1月はプレステージ(高価格帯)系の中国店頭販売が(前年同月比で)40%伸びており、われわれは減速感を感じていない」と述べた。

 31年12月期は売上高が前期比7.0%増の1兆1720億円、営業利益が10.8%増の1200億円、最終利益が23.0%増の755億円を見込む。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ