PR

ニュース 経済

レオパレス株に売り殺到 施工不良で業績懸念

Messenger
株式会社レオパレス21本社 社屋=中野区(海野慎介撮影)
株式会社レオパレス21本社 社屋=中野区(海野慎介撮影)

 8日午前の東京株式市場で、賃貸アパート大手のレオパレス21の株式に売り注文が殺到した。同社の物件に施工不良が見つかり、入居者に転居を要請したと7日に発表したことから、今後の業績に悪影響を及ぼすとの懸念が強まった。

 買いがほとんど入らず、売買が成立しないまま、前日終値の515円を2割近く下回るストップ安水準の売り気配で推移した。

 国内証券関係者は「問題は表面化したばかりで、まだ全体像が見えていない」と指摘し、経営の先行きを不安視する売りが膨らんだと分析した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ