PR

ニュース 経済

5G時代、自動車にも注力 村田製作所・村田恒夫社長

Messenger
インタビューに答える村田恒夫社長(奥清博撮影)
インタビューに答える村田恒夫社長(奥清博撮影)

 --新たな3カ年の中期経営計画が来年度から始まる

 「成長分野である通信と車に力を入れていきたい。主力部品の(電気の流れを整える)積層セラミックコンデンサー(MLCC)は、5G時代の通信、自動車向けの双方で伸びるだろう。自動車向けでは自社製の横滑り防止のメムスセンサーや、(電気と磁気を互いに作用させる)インダクター系の製品もこれから伸びる。新しい製品に向けたM&A(企業の合併・買収)は考えていない」

 --米中貿易摩擦で、中国で華為技術(ファーウェイ)などの通信会社が締め出しを受けている

 「今、日本で問題になっているのは基地局であって、携帯端末としてのファーウェイは市場から締め出されているわけではない。部品の納入先ではあるが平成30年12月現在で、大きな影響は出ていない」

 --ソニーから買収した電池事業の進捗(しんちょく)は

 「伸びているのは園芸工具向けの円筒形の電池。動力源をガソリンから電気に置き換える流れがある。一方、ラミネートタイプのスマートフォン向け電池は、当社が技術的に先行している部分が少ない。技術を蓄えたいと思う」

 --家庭で発電した電気を大手電力に高値で買い取ってもらえる「固定価格買い取り制度(FIT)」が11月以降、順次終了する

 「村田ブランドでの家庭向け蓄電池システムを開発している。『FIT切れ』に合わせて市場投入していきたい。今後、販売ルートを切り開いていく」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ