PR

ニュース 経済

【直球緩球】スイッチ目標は維持 任天堂・古川俊太郎社長

インタビューに答える任天堂の古川俊太郎社長=京都市南区の任天堂本社(南雲都撮影) 
インタビューに答える任天堂の古川俊太郎社長=京都市南区の任天堂本社(南雲都撮影) 

 --年末商戦が好調だった

 「家庭用ゲーム機『ニンテンドースイッチ』のソフトが伸びた。『スーパーマリオパーティ』は昨年10月から1カ月間の販売は全世界で150万本。『ポケットモンスター』のシリーズ最新作は初週で300万本、『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』が初週500万本売れた」

 --スイッチの年間「2千万台」の販売目標は

 「かなり高く、達成しがいのある数字。目標は維持する。今の販売の主眼はスイッチ。今のところ後継機種、値下げについては考えていない」

 --スマートフォン向けゲームは

 「(スマホゲームは)1回売って終わりではなく、お客さまとの関係を構築していくサービス運営型のビジネスだ。ゲーム専用機でやっていることと違うので、経験を積んでいる最中。さまざまなジャンルのゲームをお届けしたいと思っている。収益の柱を支える一つにしていきたい」

 --好景気で人材確保が難しくなっている

 「獲得競争は厳しさを増しているが、競争力の源泉なのでしっかり取り組んでいく。任天堂という会社は娯楽の会社。笑顔をつくるのが使命。時代の流れに対し、柔軟に変われる人を求めている。興味を持っていただけるようインターンシップなどを以前にも増して行い、われわれの考え方を知らせていきたい」 

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ