PR

ニュース 経済

【中国観察】中国の自動車市場「厳冬期」突入 28年ぶり減の要因は

 「自動車や家電などの消費を促す措置を講じる」

 中国のニュースサイト「中国新聞網」によると、国家発展改革委員会の寧吉●(=吉を2つヨコに並べる)副主任は8日、需要テコ入れのための景気対策の実施方針を示した。マーケット関係者の間では、景気刺激策の内容が早くも取り沙汰されているが、景気刺激策に対してはかねてより「一時しのぎ」(ロイター通信)という批判的な見方が根強い。

 また、景気刺激策が製造業の構造改革を後退させるという指摘もある。中国では地場の自動車メーカーが乱立状態にあるが、今回の未曾有の業界不振で「ゾンビメーカー」の淘汰(とうた)など適正規模への集約化が期待できたためだ。第一汽車の奚氏も「『適者生存、不適者淘汰』はこの時期における強いトーンになるだろう」と述べている。

 貿易戦争で景気の先行きが見通せなくなる中、習指導部はアクセルとブレーキを同時に踏むような難しい経済運営を迫られている。(外信部 三塚聖平)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ