PR

ニュース 経済

【中国観察】中国の自動車市場「厳冬期」突入 28年ぶり減の要因は

 中国の自動車市場に変調が生じている。2018年の新車販売台数は28年ぶりの前年割れに陥り、中国自動車メーカーからは「厳しい冬に入った」と悲鳴が上がる。米中対立への懸念などから足元でも悪化傾向が続いており、中国政府は景気刺激策に打って出る構えを示す。ただ、安易な景気対策は問題の先送りにつながるとの指摘もあり、習近平指導部は経済の安定に向けて難しいハンドルさばきが求められている。

■天安門事件の翌年以来の前年割れ

 「自動車産業の厳しい冬がひっそりと訪れた。そして恐らく長く続くかもしれない」

 中国自動車大手「中国第一汽車集団」の奚国華(けい・こくか)総経理は今月12日、北京市内で行われたイベントで中国自動車業界が直面する深刻な現状をこのように表現した。国営新華社通信が運営する「新華網」など中国のニュースサイトが伝えた。

 それから間もない14日に発表された統計は、まさしく市場の厳冬期を感じさせるものだった。中国自動車工業協会が発表した18年の新車販売台数は、前年比2・8%減の2808万600台。前年割れに陥るのは、経済にも混乱をもたらした天安門事件(1989年)の翌年にあたる90年以来だという。販売台数は米国を上回り10年連続で世界トップとなったものの、3千万台の大台を目前にしてかつてのような勢いは失われている。

■市場の乱れに貿易摩擦が追い打ち

 中国自動車市場が28年ぶりというマイナス成長に陥ったのはなぜか。その主因として挙げられるのは、中国政府が打ち出した政策による市場の乱れだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ