PR

ニュース 経済

貿易摩擦解決へ結束呼びかけ G20代理会議が終了

 20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁代理会議が18日、東京都内で会合を開き、17日からの2日間の日程を終了した。今年G20の議長国を務める日本は各国に、世界経済のリスクとなっている保護主義や米中貿易摩擦の解決などへ結束を呼びかけた。同会議で深めた論点を踏まえて6月の財務相・中銀総裁会議(福岡市)や首脳会議(大阪市)に臨み、国際協調の機運を高めたい考えだ。

 会議には、各国の政府高官や国際金融機関の関係者が出席し、日本からは浅川雅嗣財務官らが参加した。

 会議では(1)経常収支の不均衡、高齢化といった世界経済のリスクと課題の整理(2)質の高いインフラ投資や低所得国の債務持続性といった成長力強化(3)技術革新やグローバル化がもたらす経済社会の構造変化-をG20で話し合うことを確認。作業部会などでの議論の進め方も検討した。

 G20は米中の貿易摩擦をめぐって亀裂が深まっており、昨年の首脳宣言からは「保護主義と闘う」の文言が削られた。日本は議長国としてG20を「再活性化」(麻生太郎財務相)し、多国間の協調によって貿易摩擦などの課題の解決を進めたい考えだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ