PR

ニュース 経済

【リーダーの素顔】渡辺訓章・東京會舘社長(60)新本館開業、現場主義で業績回復

Messenger
東京会館の渡辺訓章社長=東京・丸の内(寺河内美奈撮影)
東京会館の渡辺訓章社長=東京・丸の内(寺河内美奈撮影)

 東京會舘は、東京・丸の内に建て替えた新本館を1月8日に開業した。2020年東京五輪・パラリンピックを控え、約2000人を収容する大宴会場やレストランなどを充実させた。大改革を陣頭指揮した渡辺訓章社長は、日本らしいおもてなしを強調する。

 --新本館が本格的に開業した

 「新本館は東京會舘と三菱地所、東京商工会議所による共同の再開発事業で、隣接した3つのビルを1つにしたことで、大規模化できた。これまでなかった車寄せが幅40メートルで設置でき、大型バスが玄関につけられるなど利便性が向上した。大規模な国際会議やグローバル企業の研修などに対応できる施設や、大型の宴会場などを備え、かつての本館からスケールアップした」

 --主力事業の婚礼部門は

 「ウエディング事業のテイクアンドギヴ・ニーズ(T&G)と提携することで、伝統を重んじると同時に、トレンドに対応した結婚式の提案を目指している。95年の歴史を持つ東京會舘のマンネリを壊し、刺激になることを狙った。フレンチレストランの『プルニエ』でも外部から料理人を招いた。自分の殻にこもったままではいけないと考えているためだ」

 --開業前から予約が好調だ

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ