PR

ニュース 経済

英国EU離脱問題 麻生財務相「予断許さない」

Messenger

 英国による欧州連合(EU)からの離脱問題について、麻生太郎財務相は15日の閣議後記者会見で「合意なき離脱になれば、混乱することが考えられる。進出企業などにどういう影響が及ぶかなど、予断は許さない」との認識を示した。

 英下院は15日午後7時(日本時間16日午前4時)から、メイ首相がEUと合意した離脱案の採決を行うが、与野党双方で反発が根強く、否決される公算が大きくなっている。

 また、麻生氏は英国のEU離脱問題だけでなく、米中貿易摩擦や巨大IT企業のデジタルサービスに対する課税問題など「色んなものが不確実性を増しているのは確か。各国が共通して取り組まないといけないものがいっぱいある」と指摘。今年、日本で開催する20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議などで、「議長国としてリーダシップを発揮していかないといけない」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ