PR

ニュース 経済

自動車各社がCESで存在感、オープンイノベーションに弾み

Messenger

 国内の自動車大手各社が、米ラスベガスで開催中の世界最大級の家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」で存在感を高めている。ホンダとヤマハ発動機はCES出展を弾みに、外部の技術やアイデアを開発・商品化に生かす「オープンイノベーション」を加速。トヨタ自動車は開発中の高度運転支援システムをアピールする。(臼井慎太郎)

 「自動運転で多くの命を極力早く救えるようにしたい。自動車業界にも提供したい」

 CES開幕に先立ち、7日の記者会見に登壇したトヨタの人工知能(AI)研究子会社、トヨタ・リサーチ・インスティテュート(米カリフォルニア州)のギル・プラット最高経営責任者(CEO)は高度運転支援システムを外販や共同研究などを通じ、開放することに意欲を示した。CESでは、危険な場面で運転手に代わって事故を防ぐ運転支援システム「ガーディアン」を紹介したほか、自動運転のテストができる新型の実験車も披露した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ