PR

ニュース 経済

NY原油続伸、52ドル台 1カ月ぶり高値

Messenger

 9日のニューヨーク原油先物相場は8営業日続伸し、指標の米国産標準油種(WTI)の2月渡しが前日比2・58ドル高の1バレル=52・36ドルと、昨年12月中旬以来約1カ月ぶりの高値で取引を終えた。

 米中貿易摩擦の緩和期待が高まる中、世界経済の減速に伴うエネルギー需要減少への懸念が後退し、買い注文が膨らんだ。石油輸出国機構(OPEC)と非加盟国の協調減産で供給が減るとの見方も引き続き相場を支えた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ