PR

ニュース 経済

日産がEV「リーフ」に高性能モデルを追加、ゴーン容疑者逮捕後初

Messenger
日産自動車が発表した「リーフe+」=9日午前、横浜市西区(桐山弘太撮影)
日産自動車が発表した「リーフe+」=9日午前、横浜市西区(桐山弘太撮影)

 前会長のカルロス・ゴーン容疑者の捜査と公判の行方に注目が集まる中、日産自動車は9日、主力の電気自動車(EV)「リーフ」に航続距離を大幅に高めた高性能モデルを追加すると発表した。ゴーン容疑者の逮捕後の商品発表会は初めて。23日に国内で販売を始め、今春以降には欧米にも順次投入する計画だ。

 高性能モデル「リーフe+(イープラス)」は、平成29年10月に発売した2代目リーフとほぼ同じ容積に従来の約1・5倍の62キロワット時のリチウムイオン電池を搭載することで、力強い加速を実現。1回の充電で走れる航続距離も2代目から約4割増の458キロに延ばした。これにより、リーフに蓄えた電力を家庭に給電する可能性も追求。戸建てに4人程度暮らす世帯の場合、EVで4日分の電力を賄えるようにした。

 希望小売価格は416万2320円から。同日に横浜市内で開いた発表会でダニエレ・スキラッチ副社長は「日産はここで立ち止まらず、EVのリーダーとしての地位を堅持したい」と自信を見せた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ