PR

ニュース 経済

家電・IT見本市「CES」開幕 5G、AIに注目

Messenger
パナソニックの通信機器を搭載したハーレーダビッドソンの電動バイク=8日、米ラスベガス(共同)
パナソニックの通信機器を搭載したハーレーダビッドソンの電動バイク=8日、米ラスベガス(共同)

 【ラスベガス=織田淳嗣】世界最大級の家電・IT見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)2019」が8日(日本時間9日)、米ラスベガスで開幕した。過去最多の規模となる4500社以上が参加。今年は高速大容量の次世代通信規格「5G」、人工知能(AI)、インターネットと家電・住宅設備の接続技術などに注目が集まっている。

 国内企業では、パナソニックがスマートフォンなどで電池残量や位置情報が確認できる同社の通信機器を搭載した米二輪車メーカーのハーレーダビッドソンの電動バイクなどを披露。シャープは超高精細な「8K」映像の最新技術を紹介する。

 海外企業ではサムスン電子、LG電子といった韓国勢、海信集団(ハイセンス)や華為技術(ファーウェイ)など中国企業が出展。LG電子は、ブース入り口に有機ELを使った曲面テレビによる大がかりな映像展示を行い、会場の注目を集めていた。

 CESは以前は薄型テレビなど家電の新商品発表の場となっていたが、スマホに代表される家電の高機能化に伴い、近年はAIや自動運転車、健康管理機器などに向けた最新技術の展示会としての性格を強めている。

 11日まで4日間で18万人以上の来場を見込む。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ