PR

ニュース 経済

人気高まる間伐材カレンダー 環境配慮でイメージアップ

Messenger
各企業が個性を競い合う、台座部分に国産間伐材を用いた環境配慮型卓上カレンダー
各企業が個性を競い合う、台座部分に国産間伐材を用いた環境配慮型卓上カレンダー

 環境問題への社会的な関心が高まる中、間伐材を用いた「環境配慮型」カレンダーの人気が高まっている。年末年始に企業の販促グッズとして配布される卓上カレンダーで、台座部分に間伐材を使った製品の受注が拡大。1年を通じて企業イメージをアピールできる利点もあり、評判は上々だ。プラスチック製ストローの廃止など環境に配慮した企業活動は世界的に広がっており、今後も注目を集めそうだ。

 間伐材を活用した販促グッズを企画販売するフロンティアジャパン(東京都江東区)は、台座部分に国産間伐材を使用した卓上カレンダーを製造している。これまでにANAホールディングス、NTTドコモなど累計で約380社から受注。年度ごとの受注件数は平成28年度は49法人だったが、29年度は60法人、30年度は72法人と右肩上がりで伸びている。

 間伐材は森林の成長管理の際に間引かれる立木で作られる木材。フロンティアは資源の有効活用の観点に立ち、18年から国産間伐材を販促グッズの素材として用い始めた。安藤豪太常務は「当初は売れなかった」と振り返るが、エコバッグやエコカーなどが注目を集め、環境への意識が広がってきたことで、徐々に売れ行きが伸びてきたという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ