PR

ニュース 経済

北京で米中次官級協議 貿易摩擦打開を模索

Messenger
7日朝、宿泊先の北京のホテルを出発する米通商代表部(USTR)のゲリッシュ次席代表(中央)ら米交渉団(AP)
7日朝、宿泊先の北京のホテルを出発する米通商代表部(USTR)のゲリッシュ次席代表(中央)ら米交渉団(AP)

 米中両政府は7日から次官級貿易協議を北京で開く。8日まで2日間の日程。中国による知的財産権保護の強化や、貿易不均衡是正に向けた輸入拡大策などを議論する見通し。両国とも国内経済の先行き不透明感が強まる中、摩擦緩和に向けた打開策を模索する。両国が貿易問題で直接協議するのは昨年12月1日の首脳会談以来。

 米通商代表部(USTR)のゲリッシュ次席代表ら米交渉団は7日朝、宿泊先の北京のホテルを出発した。中国側は商務次官らが参加するとみられる。中国の外国企業に対する技術移転の強制や、市場参入を阻む非関税障壁などの改善策を協議する。

 米中両国は昨年12月の首脳会談で、90日以内に中国の具体的な構造改革策をまとめることで合意した。今回の次官級協議で具体策を詰めた上で、次のUSTRのライトハイザー代表や中国の劉鶴副首相らによる閣僚級会談などにつなげる考えとみられる。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ