PR

ニュース 経済

KDDI、スマホ決済100万店で開始 国内最大規模で利便性訴求

 IT大手幹部は「ネットで商品の広告を見た人が商品をどう検索してどこの店で買ったということまで分かるようになる」と広告事業への貢献を期待。さらに決済状況などを基に金融などのサービスの優遇に差を付ける「スコアリング」の導入も検討が進んでいる。

 一方、ソフトバンクとヤフーの合弁会社が提供するスマホ決済「ペイペイ」では、登録したクレジットカードの不正利用が相次いだことからセキュリティーへの不安も出ている。経済産業省は3月までに不正利用対策のガイドラインをまとめる方針だ。

スマートフォン決済 スマートフォンの画面に表示したQRコードやバーコードを店頭のレジで読み取ってもらうなどして行う支払いの手法。無料通信アプリのLINE(ライン)や携帯電話大手のNTTドコモなどがサービスを展開しており、店側の導入コストが安いことから普及が期待されている。現金を使わないキャッシュレス決済では、JR東日本の「スイカ」など専用読み取り装置にカードやスマホをかざす非接触型が先行してきたが、店舗側の導入コストの大きさが普及の障害になっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ