PR

ニュース 経済

NY株、一時500ドル超安 貿易摩擦の懸念が再燃

Messenger
27日のニューヨーク株式市場(ロイター)
27日のニューヨーク株式市場(ロイター)

 27日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、米中貿易摩擦の激化に対する懸念などから大幅反落し、前日からの下げ幅が一時500ドルを超えた。

 午前10時現在は前日比367・96ドル安の2万2510・49ドル。ハイテク株主体のナスダック総合指数は83・77ポイント安の6470・59。

 トランプ米大統領が、米企業に中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)と中興通訊(ZTE)の機器使用を禁じる大統領令を出すことを検討していると伝わり、米中貿易摩擦に対する懸念が再燃して売り注文が優勢となった。

 26日にダウ平均が過去最大の上げ幅を記録したことを受け、当面の利益を確定させるための売りも出た。(共同)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ