PR

ニュース 経済

ホンダジェット国内初納入 東京都内で記念式典

Messenger
「ホンダジェットエリート デリバリーセレモニー」で記念撮影に応じる、共同オーナーの堀江貴文氏(左から2人目)やファーストカスタマーの千葉功太郎氏(左から3人目)ら=20日午後、東京都大田区(宮川浩和撮影)
「ホンダジェットエリート デリバリーセレモニー」で記念撮影に応じる、共同オーナーの堀江貴文氏(左から2人目)やファーストカスタマーの千葉功太郎氏(左から3人目)ら=20日午後、東京都大田区(宮川浩和撮影)

 ホンダの米子会社「ホンダ エアクラフト カンパニー」は20日、新型ビジネスジェット機「ホンダジェットエリート」を日本で初めて顧客に引き渡した。これまでに10機以上の注文を受け付けており、順次納入する。

 初納入を記念して東京都内で式典が開かれた。同社の藤野道格社長は「最先端のビジネスジェット機で今までにない快適な移動手段を提供できると確信している」とあいさつした。最初の顧客となったベンチャー企業を支援する投資家、千葉功太郎さんは「大変光栄に思う」と話した。千葉さんは、実業家の堀江貴文さんら計3人で共同所有するとしている。

 最大7人乗りのホンダジェットエリートは、機体価格が525万ドル(約5億9千万円)。燃費の良さが特徴で、航続距離は2661キロ。東京から中国・上海や台湾まで直行可能という。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ