PR

ニュース 経済

トランプ氏「利上げ検討、信じられない」 FRBをまた牽制

Messenger
トランプ米大統領(AP)
トランプ米大統領(AP)

 【ワシントン=塩原永久】トランプ米大統領は17日、中国などの海外経済に陰りがみられるにもかかわらず「連邦準備制度理事会(FRB)が、さらに利上げを検討するとは信じられない」と述べ、利上げを続けるFRBを批判した。FRBは18~19日の金融政策会合で利上げを検討するが、トランプ氏は会合前日まで利上げ牽制(けんせい)を続けた。

 トランプ氏はツイッターへの投稿で、「ドルは非常に強く、インフレは起きていないに等しい」と指摘。政権抗議デモが起きたフランスや、景気の減速傾向が見え始めた中国を念頭に、「米国外では混乱が起きている」として、FRBの追加利上げを改めて批判した。

 トランプ氏は先週のロイター通信とのインタビューで、FRBが利上げをすれば「愚かなことだ」と言及し、米国が「貿易戦争」に勝つために「金融緩和が必要だ」と述べていた。

 ナバロ大統領補佐官も17日、米CNBCテレビで、大統領に同調。インフレなき経済成長を遂げている米経済の現状を踏まえ「FRBは利上げを決めるべきではない」と主張した。ナバロ氏は、来年も3回の追加利上げを想定するFRBは「気がどうかしている」と批判。段階的な利上げを続ける金融政策への反対姿勢を強調した。

 FRBは18、19両日、連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、追加利上げを議論する。多くの市場関係者は、今年4回目となる利上げを決めると予想している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ