PR

ニュース 経済

【トラノコのかんたんマネー講座】キャッシュレス決済戦争(4)

Messenger

 キャッシュレス決済の起爆剤として期待されるモバイルQRコード決済は、“Quick Response(素早い反応)”に由来するそうです。

 今年6月、消費者庁から公表された調査結果時点でのQRコード決済の利用経験率は約8%でしたが、「LINE Pay」、「Origami Pay」、「楽天Pay」、「アマゾンジャパン」、「Pay Pay」に加え、メルカリの参入も計画されており、インターネットサービスとの連携や、利用可能店舗の拡大により、利用経験率の大幅な向上が期待されます。

 決済サービス間の利用可能店舗獲得競争も加速しており、導入店舗にとって、クレジットカード決済より低い手数料に加えて、利用開始から3年間手数料を無料にするなど、陣取り戦争の様相を呈しています。

 手軽なキャッシュレス決済が増えることで、“使いすぎてしまうおそれがある”ことがハードルとなる一方で、アプリで利用履歴を確認しやすい利点もあります。決済サービスの提供する便利な仕組みや、ポイントなどの利点をうまく活用しながら、買い物を楽しみたいものです。(トラノテック取締役 藤井亮助)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ