PR

ニュース 経済

山梨で外国人宿泊者40%増 ホテル建設ラッシュも

Messenger

     ◇

 県観光企画課によると、9月の外国人宿泊者数は延べ12万7千人(前年同月比31・1%増)と、15カ月連続で前年同月を上回った。「桜の名所である富士吉田市の新倉山浅間公園が世界的な観光名所になるなど富士山の人気は高い。県や市町村、事業者の誘客宣伝も効果をあげた」と分析する。

 年間の外国人宿泊者数の200万人突破の可能性について、山下理事長は「10月の予約数は前年比減となったが、11月は増加、12月は前年並みだ。突破できるのではないか」と期待感を示した。

     ◇

 一方、1~9月の日本人宿泊者数は前年同期比3・5%減の延べ486万5千人だった。同課は「夏の酷暑や台風の影響で中心顧客層の60代以上の来県が減った」としている。

 このうち、9月は同7・1%増の延べ63万人となったが、同課は「北海道胆振東部地震の影響で本県が旅行先に選ばれた面もある」と分析する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ