PR

ニュース 経済

「休眠預金」の活用が来月から本格始動 年間700億円対象に

Messenger

 金融機関の口座に眠ったまま出し入れが10年以上ないお金「休眠預金」の管理が国に移り、社会的課題に取り組む民間団体の支援に活用される仕組みが来年1月始まる。こうしたお金は年間約700億円程度発生する見込み。申請すれば払い戻しは可能だが手続きが煩雑になる恐れがあり、手元の預金をもう一度確認してみる必要がありそうだ。

 「長い間、お取引のない預金はありませんか?」

 制度開始を翌月に控え、金融機関は店頭で休眠預金に関するリーフレットを配布している。三菱UFJ銀行は今年10月末から対象口座に通知を送っているほか、三井住友銀行、みずほ銀行も来年から発送を開始する。

 通知を受け取ることができれば休眠預金ではないと判断される。銀行関係者は「休眠預金となっても利子を含めていつでも引き出しは可能」と強調し、顧客に冷静な対応を呼びかける。

 この制度は1月に施行された「休眠預金活用法」に基づく。口座内のお金は、若年層の支援や地域活性化などに取り組む民間非営利団体(NPO)などの支援に使われる。来年秋にも実際に助成が始まる。

 金融庁によると、移管されるのは平成31年1月1日以降、過去10年にさかのぼって取引実績がない口座だ。国の財政が厳しい中、持ち主が現れない預金を使い現状では手が回らない課題に対処したい考え。海外では米国や英国をはじめ既に導入している国も多い。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ