PR

ニュース 経済

DeNA「0円タクシー」都内に拡大 AI活用し効率化

Messenger
運賃を広告主が負担するDeNA「0円タクシー」。第1弾のスポンサーは日清食品=5日、東京都目黒区
運賃を広告主が負担するDeNA「0円タクシー」。第1弾のスポンサーは日清食品=5日、東京都目黒区

 ディー・エヌ・エー(DeNA)は5日、神奈川県内で展開していたタクシー配車サービスを東京都内に拡大し、運賃を広告主などが負担する「0円タクシー」の運行を始めた。DeNAは、自社タクシーのスマートフォン向け配車アプリ「MOV(モブ)」の利用促進につなげるのが狙い。広告と融合した新たなビジネスモデルや人工知能(AI)を使った業務効率化でタクシー会社の囲い込みを狙う。

 0円タクシーは車体や内装に広告を掲載。第1弾は日清食品が広告主となり、同社の即席麺「どん兵衛」のふたと油揚げをかたどった巨大あんどんを乗せた50台を年末まで運行する。港区や中央区、渋谷区などの都心で配車し、23区内で利用できる。DeNAの中島宏執行役員は「一時のキャンペーンとは考えていない。他にもお声がけいただいている」と述べた。

 DeNAは今年4月から神奈川県で配車サービスを開始。約5500台のタクシーが参加し、DeNAアプリによる配車実績は他アプリの5~6倍に達したという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ