PR

ニュース 経済

アルパイン、アルプスとの統合承認 臨時株主総会

Messenger
アルパインの臨時株主総会会場=5日午前、東京都大田区
アルパインの臨時株主総会会場=5日午前、東京都大田区

 カーナビ大手のアルパインが5日開いた臨時株主総会で、経営陣が提案した電子部品大手アルプス電気との経営統合案が承認された。株主の3分の2以上が賛成した。来年1月に株式交換により、アルパインがアルプス電気の完全子会社となり、親会社のアルプス電気は持ち株会社「アルプスアルパイン」に移行する。

 統合に際しては、会社側の提案通り、アルパイン株1株に対して、アルプス電気株0・68株を割り当てる。

 割り当てをめぐっては、アルパイン株の約10%を持つ香港のヘッジファンド、オアシス・マネジメントが「株式交換比率が不利だ」と反発。統合否決を条件に1株あたり300円の配当を求める株主提案をするなどアルパイン側と争っていた。他の株主にも統合への反対を呼びかけていたが、臨時株主総会で同調した株主は一定数にとどまった。

 アルプス電気は現段階でも、アルパイン株の40%超を保有する親会社。アルパインは、主力のカーナビ事業の競争環境の激化でアルプス電気との相互協力や知的財産権、ライセンスなどの共有を進めることが最善策として、昨年7月に統合計画を発表した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ