PR

ニュース 経済

WTO同じ問題で9パネル 米輸入制限「異例の事態」

Messenger

 世界貿易機関(WTO)は4日の会合で、米国による鉄鋼などの輸入制限を不当とするスイスとインドがそれぞれ求めた紛争処理小委員会(パネル)の設置を決めた。欧州連合(EU)や中国など7カ国・地域の要請で先月設けたものと合わせ、同一の問題を9つのパネルで審議する「異例の事態」(外交筋)となった。

 通商筋によると、スイスとインドは一つのパネルで統合審理するよう求めたが、米国の反対により見送られた。米国が時間稼ぎを狙って、国ごとのパネル設置に持ち込んだとみられる。

 パネルは通商紛争訴訟の「1審」に当たる。計9カ国・地域は米国が課した鉄鋼とアルミニウムへの追加関税がWTO協定に反していると主張。米国は「国家の安全保障を理由としたものだ」としWTOルール上の例外になると反論している。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ