PR

ニュース 経済

関西3空港懇談会、24日開催で調整 神戸の国際化議論

Messenger

 関西国際、大阪(伊丹)、神戸の3空港の役割分担を地元自治体や関西財界で議論する「関西3空港懇談会」について、座長を務める関西経済連合会の松本正義会長(住友電気工業会長)は4日、会合を今月24日に開く方向で調整していると明らかにした。大阪市内で報道陣に語った。開催されれば平成22年以来、約8年ぶりとなる。

 訪日外国人客の増加や、3空港の運営が今年4月までに民間会社の関西エアポートへ移ったことを受けて、関経連は伊丹や神戸空港の規制緩和に向けて議論を始めたい意向だ。

 関経連は、旅行会社のツアーなどで利用される「国際定期チャーター便」を神戸空港で運航できるよう規制緩和を提案する方針。兵庫県の井戸敏三知事も11月28日の定例記者会見で、国際チャーター便の議論は「避けて通れない課題」との認識を示している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ