PR

ニュース 経済

視線移さずナビ情報を確認 ヘルメットに外付け JDI、「脱スマホ」加速

Messenger

 すでに動き出しているのは、太陽光パネルと蓄電池の電力を使う「スマートバス停」だ。液晶パネルに時刻表や運行状況、広告や災害情報などを写し出す。電力消費が少ないため、電線工事などが不要な点がメリットで、海外への販売も視野に入れる。西鉄バスが北九州市内で実証実験を行っており、全1600カ所へ導入する計画だ。

 ジャパンディスプレイはソニーと東芝、日立製作所の中小型液晶ディスプレー事業を統合し、12年に発足した“日の丸液晶メーカー”だ。直近の売上高は7千億円を超える(平成30年3月期)が、4期連続の最終赤字に苦しんでいる。

 東入来信博会長兼最高経営責任者(CEO)は「非モバイル向けの比率を5割まで高める」としている。今後は製品開発力に加え、これまで手がけていなかった一般消費者向けの販路作りなども業績を立て直す上でカギとなる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ