PR

ニュース 経済

G20宣言出せたことは評価 経団連の中西宏明会長

経団連の中西宏明会長
経団連の中西宏明会長

 経団連の中西宏明会長は3日の定例記者会見で、南米アルゼンチンで開かれた20カ国・地域(G20)首脳会議で採択された宣言に関し「(宣言が出せなかった11月の)アジア太平洋経済協力会議(APEC)と違い、方向付ける文書は出せた」と一定の評価をした。

 G20の首脳宣言には、米国の反対で「反保護主義」の文言を盛り込めなかった。中西氏は「通商ルールが従来とは違う方向で動き始めている感触は持っている」と懸念を表明。次期議長国となる日本は「自由貿易の重要性を提起していく責任がある」と強調した。

 米国と中国の首脳が対中追加関税の猶予で合意したことに関しては「個人的見解だが両国の対立の根は深い」と指摘。貿易だけでなく覇権をめぐる対立などから問題が長期化するとの見方を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ