PR

ニュース 経済

中小企業のIoT導入座談会 「モノづくり」支える新たな力

Messenger
特別座談会「中小企業のIOT化支援について」の様子=30日午前、東京都江東区(宮川浩和撮影)
特別座談会「中小企業のIOT化支援について」の様子=30日午前、東京都江東区(宮川浩和撮影)

 モノのインターネット(IoT)の中小企業への導入と行政の支援について考える「中小企業のIoT導入座談会」が10月30日、東京都江東区の地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター(産技研)で開催された。さまざまなモノがインターネットにつながるIoTの導入は、人手不足が深刻化する中小企業にとって喫緊の課題。中小企業は日本の「モノづくり」を支える基盤となるだけに、官民それぞれの立場から熱い議論が交わされた。

(コーディネーター=石元悠生・産経新聞編集ソリューション室長)

 --中小企業のIoT化について、それぞれの立場でお話しください

 近藤幹也・東京都立産業技術研究センター理事 中小企業にとって、IoTや人工知能(AI)は、今後の企業の明暗を分けるようなキーテクノロジー(核技術)になるのではないかと考えています。小さな振動を感知するセンサーを日常的に使うモノにつけておくだけで異変が分かったり、新たな知見が得られたりします。そこから新しいサービスが生まれる可能性もあります。都産技研は東京都の予算で、中小企業のIoT化を支援する事業を始めました。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ