PR

ニュース 経済

長蛇の行列はなんと驚愕の3時間!!大好評すぎたため本当に最後の「ピラニア釣り」追加で開催決定しちゃいます。

Messenger

 Holiday Jack株式会社
3 連休に日本初開催した 1000 匹ものアマゾン直輸入の「ピラニア」を釣る 日本初にして史上最恐のイベントに定員を遥か上回る来場客が大殺到!!

 [動画: https://www.youtube.com/watch?v=-zBnHE2B72g ]

 非日常イベント企画会社である Holiday Jack 株式会社(本社:江東区、代表取締役:矢野)は、南米アマゾン より狂暴なピラニアを大量に仕入れ、史上最恐となる世界初の釣りイベント「ピラニア フィッシング」を 東京品川にて、2018 年 11 月 23 日~25 日の 3 連休にて開催致しました。定員を遥かに超える来場客が開 場に殺到し、体験できなかった方の強い要望から、最後の追加開催を今週末(12 月 1 日、12 月 2 日)にて 行うことを決定致しました。⇒ https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01d341zyv8jm.html

 [画像1: https://prtimes.jp/i/18017/21/resize/d18017-21-259594-0.png ]

 ■追加開催の気になる裏側・・・

 日本初開催となった 11 月 23 日~25 日にて事件は起こった!!来場客は 1000 名様限定とうたっていた のにも関わらず、口コミや SNS、ニュース記事などを見た参加希望者がなんと初日から品川に大殺到した。 メインの「ピラニア釣り」のコンテンツには、ずらーっと長い列が、その列の長さなんと約 100m ほど、 待ち時間は某テーマパークにも勝るとも劣らない 3 時間待ちにもなってしまった。北は北海道、南は鹿児島 まで全国各地からヒト・ヒト・ヒトが押し寄せる。

 [画像2: https://prtimes.jp/i/18017/21/resize/d18017-21-622634-1.jpg ]

 [画像3: https://prtimes.jp/i/18017/21/resize/d18017-21-842173-2.jpg ]

 スタッフたちも想定外のことにしどろもどろなりながらも、必死に 3 日間来場者様たちをもてなしました。 しかし、3 日間ともせっかく来場頂いたのにも関わらず待ち時間の関係で体験できなかったヒトが多数発生。 追加開催のご要望を「これでもか!!」って程に頂いたこともあり、本当に最後の追加開催を決定しました。

 [画像4: https://prtimes.jp/i/18017/21/resize/d18017-21-942656-3.jpg ]

 ■「ピラニア フィッシング」とは・・・

 誰もが一度は TV 画面越しに見たことはあるだろう!世界で最も獰猛かつ危険な魚、それが南米アマゾン の悪魔「ピラニア」である。腹を空かせた奴らにかかれば、ありとあらゆる動物たちは一瞬で骨へと化す。
そんな世界一危険な魚たちをターゲットとした、『釣ってヨシ!!喰ってヨシ!!喰われてヨシ!!』 と三拍子揃った、世界初の最恐釣りイベントとして東京品川にある日本一都会にある釣り堀こと「品川フィ ッシングガーデン」(JR 品川駅より徒歩 2 分)にて開催しました。

 [画像5: https://prtimes.jp/i/18017/21/resize/d18017-21-551091-4.png ]

 南米アマゾンのジャングルの奥地より、遥々100 時間かけて「1,000 匹」もの元気なピラニアたちが東京 に大集結!この機会を逃せば一生体験できないであろう、そんな今までにない釣りイベントになっています。

 [画像6: https://prtimes.jp/i/18017/21/resize/d18017-21-444437-5.jpg ]

 [画像7: https://prtimes.jp/i/18017/21/resize/d18017-21-757214-6.png ]

 ■日本初開催に至った経緯、背景・・・

 本イベント主催会社の代表を務める、私(矢野智之)は、20 代の頃に合計約 6 年間、100 カ国を超える 国々を「ハンモック&ヒッチハイク」という独自スタイルで旅したプロの旅人です。
そして世界各国で様々な体験経験をしてきた私が昨年の 4 月 1 日(エイプリルフール)についた嘘を実現 することとなりました。(以下 URL がエイプリルフールでついた嘘記事)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000018017.html

 [画像8: https://prtimes.jp/i/18017/21/resize/d18017-21-499386-7.png ]

 このエイプリルフールの記事はまたたく間にネット上に広がりアクセスが大集中・・・!!創業以来初 となるサーバーダウンも経験し、問い合わせ数はわずか 3 ヶ月で 5 万件を超えました。現実にあったらイイ な!!程度でついた嘘にまさかの大反響ということで、リスクを承知で開催に向けて黙々と動いてきました。 本格構想から約 1 年!!開催場所は品川駅より徒歩 2 分と、最高の立地の釣り堀となり、釣りのエキスパー トや海洋研究の専門家たちの協力も頂けたことから世界初となるイベントを開催することとなりました。

 [画像9: https://prtimes.jp/i/18017/21/resize/d18017-21-972108-8.png ]

 [画像10: https://prtimes.jp/i/18017/21/resize/d18017-21-132005-9.png ]

 [画像11: https://prtimes.jp/i/18017/21/resize/d18017-21-827643-10.jpg ]

 ■こんな方に是非オススメ・・・

 (1)釣りが大好きな方 ⇒釣りマニアには少し物足りないかもしれない。しかしアマゾンの現地を除いてイマ、ココでしかできない 釣り体験となっています。

 (2)釣り未経験者、初心者の方 ⇒未経験者、初心者大歓迎。釣りのノウハウが無くても大丈夫。お腹を空かせたピラニアを GET しちゃおう。

 (3)珍体験に飢えている方 ⇒「一生に一度の体験」、この機会を逃すことなく是非!!

 (4)カップルさん、お子様連れご家族の方 ⇒狂暴、凶悪だけれども・・・安全面は保証します。是非いい経験をしてみませんか。

 (5)インスタグラマーYoutuber など SNS 投稿のネタをお探しの方 ⇒世界初の最恐コンテンツはいかがですか?

 (6)メディア関係者の方 本イベントに関してイベント当日のメディア関係者様のご取材もお受け致します。世界初のとんでもない 企画なだけに、「いい絵」が撮れることは間違い無し!!テレビのロケでも、秋冬のイベント特集でも、真面目 な記事を書く新聞社の記者さんも 2018 年ラストの一押しイベントです。

 ■イベント詳細

 ◯日程:2018 年 12 月 1 日(土)、2 日(日)
◯時間:10:00~15:00(2 日間同様)
◯場所:品川フィッシングガーデン(東京都港区高輪 3-13-3 品川フィッシングガーデン) ◯備品:本コンテンツなどに関する餌や竿などの必要備品は料金内にてすべてお貸し出し致します。
⇒またご自身の釣り道具のご持参も可能です
◯参考動画(某日本一有名なyoutuber)
https://www.youtube.com/watch?v=J7i1ul4cLuc&t=12s
◯問合わせ先:info@holiday-jack.co.jp / 080-3361-0702
◯主催:Holiday Jack 株式会社 http://www.holiday-jack.co.jp
◯協力:マルキユー株式会社
◯協賛:株式会社メルカリ
[画像12: https://prtimes.jp/i/18017/21/resize/d18017-21-683109-12.png ]

 ■会社概要(お問い合わせ先)

 ◎商号:Holiday Jack 株式会社
◎代表取締役:矢野智之
◎本社所在地:東京都江東区豊洲 1-3-1
◎連絡先:080-3361-0702  info@holiday-jack.co.jp
◎HP:http://www.holiday-jack.co
今回のイベントでは、当日の取材等のご連絡も合わせて承っております。
また今後のご協賛企業様も合わせて募集しております。お気軽にご相談ください。

 ■Holiday Jack 株式会社とは・・・

 「一生に一度はやってみたい」をコンセプトに人々の休日を最高に楽しいモノへとすべく、今までにないユニークな体験のみを提供する非日常イベント企画・運営事業を行っております。
2015 年 3 月設立以来、TV、ラジオ、新聞、雑誌 Web メディアなど 1,000 を超える様々な媒体で取り上げて頂き、イベント業界の新興ベンチャー企業として様々なイベント企画などに関わらせて頂いております。
肉食の為のワンデイトリップと称する世界の珍しい肉のみを使った「珍肉 BBQ」や、珍しく、怪しい魚のみ を使った珍グルメイベント「珍怪魚」、廃校を貸し切って行う「廃校キャンプ」、外国人と一緒に忍者になり街歩きをする「忍者ツアー」や、無人島で生き抜く「無人島サバイバル」など、様々な形で非日常体験を提供してきました。

 [画像13: https://prtimes.jp/i/18017/21/resize/d18017-21-493077-11.jpg ]

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ