PR

ニュース 経済

中国爆買いで段ボール不足 国内各社、原料調達困難

Messenger
製紙会社の段ボール用古紙置き場
製紙会社の段ボール用古紙置き場

 年末商戦を前に段ボールが不足している。段ボールの原料となる古紙を中国が「爆買い」し、日本の製紙会社が調達困難に陥っているためだ。各社は海外から緊急輸入するなど、あらゆる手段で原料確保に努めているが、爆買いの背景には米中貿易摩擦も絡んでおり、先行き不透明な状況が続く。

 「綱渡り状態。今までこういうことはなかった」

 段ボール原紙大手、レンゴーの担当者は古紙の調達に頭を悩ませる。

 同社は9月、埼玉県八潮市の八潮工場で5千トンの減産を余儀なくされた。今も「苦肉の策」として欧米から古紙を一時的に輸入したり、原料の配合を調整して比較的調達しやすい種類の古紙を増やす、といった対策をとっているという。

 段ボール原紙大手はどこも似たような状況だ。日本製紙の野沢徹取締役は「『作りだめ』をできる範囲でやっているが、これ以上、注文に応じられない」と話す。

 中国政府は5月、環境対策のため不純物が多い米国産古紙の輸入を規制。8月には米国政府による関税発動の対抗策として、25%の報復関税を課した。その結果、米国産の対中輸出が減る代わりに、中国と違い回収の仕組みが確立されており、地理的な近さや品質の高さも魅力の日本産は輸出がさらに増えた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ