PR

ニュース 経済

高力ボルト不足が深刻化 納期約6カ月、通常の4倍に

Messenger

 建物の鋼材などの接合に使用する「高力(こうりき)ボルト」の不足問題が深刻化している。国土交通省が22日発表したアンケート結果によると、業者の納期は平均で通常時の約4倍に相当する6カ月程度まで長期化。8割以上の業者が「工期に影響あり」と回答しており、東京五輪関連や都市再開発の建設が進む中、工期の遅れが懸念されている。

 高力ボルトは引っ張りに対する強度が高く、高層ビルや橋梁(きょうりょう)の建設に使用される。母材となる特殊鋼線材は自動車や工作機械にも使われており、産業機械向けが堅調に推移するのに伴い、建設用に十分回らなくなった。とくに今年の夏あたりから納期の遅れが目立つようになったという。3カ月後の見通しも同様の傾向が予想され、好調な建設需要に水を差しかねない状況だ。

 アンケートは10月下旬から11月上旬にかけて実施され、建設会社や部材商社など305社が回答した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ