PR

ニュース 経済

反保護主義宣言を除外か G20声明草案、衝突回避で

 30日からアルゼンチン・ブエノスアイレスで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議の声明草案に、反保護主義を明確に示した文言が盛り込まれていないことが21日、明らかになった。英紙フィナンシャル・タイムズ電子版が報じた。

 自国第一主義を掲げるトランプ米大統領と、中国の習近平国家主席など他国の首脳の衝突を回避するためとみられる。米中の貿易摩擦が激しさを増す中、それぞれ異なる思惑を抱く20カ国・地域が一致することの難しさが浮き彫りとなった。

 報道によると、草案では各国に「多国間貿易システムの重要性を認識し、市場を開かれたものに保つとともに平等な競争環境を確保する」ことを求めている。だが昨年ドイツで開かれたG20首脳会合で明記した「保護主義との闘いを続ける」との文言は書き込まれていないという。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ