PR

ニュース 経済

「ゆうメール」宅配対象を制限 文房具など年度内まで

Messenger

 日本郵便が、荷物宅配サービス「ゆうメール」で文房具など一部の小物の取り扱いを今年度内で終了することが16日、分かった。ゆうメールは、企業など大口顧客がさまざまな小物を安価に送れるため人気があったが、取り扱いを書籍やCDなどサービス開始当初の対象物に厳格化する。

 同サービスは、大きさが縦横高さの合計で170センチまで、重さが3キロまでのカタログやCDなどのほか、大口顧客だと小物なども取り扱い対象で料金は180~710円。

 来年度からの対象物の厳格化はすでに全国の郵便局が大口顧客向けに順次通知を進めている。厳格化で対象外となった小物は「ゆうパック」などへの切り替えを求められる。

 日本郵便は9月から、再配達増加による人件費高騰への対応で、最安の小型荷物宅配「クリックポスト」を値上げしており、消費者には厳しい見直しが続く。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ