PR

ニュース 経済

KDDI、山岳救助ドローン開発 富士山で商用化へ

KDDIが発表した山岳救助に利用するドローン=15日、東京都千代田区
Messenger

 KDDIは15日、携帯電話回線を利用して飛行する小型無人航空機(ドローン)を活用した山岳救助システムを公開した。カメラ付きドローンが登山道で倒れている遭難者を確認して救助隊に伝える。静岡県御殿場市の富士山登山道で先月末に実験し、技術実証は終了しており、来夏の富士山の開山期に合わせて実用化を目指す考え。

 KDDIの山岳救助システムは、6000メートル級の高山で強風や雨の環境下でも飛行できるドローンを活用。登山者の家族らがシステムを通して登山者の異常を感知した場合、ドローンによる捜索を依頼する。システムには、民間気象予報会社のウェザーニューズ(千葉市)が、飛行可能かを判断するための精密な気象予測を提供。また、登山者向け地図アプリを運営するヤマップ(福岡市)が登山者の位置を提供するアプリを開発する。

 KDDIは富士山以外にも危険性が高く登山者が多い高山がある地域の自治体や消防などへの導入を目指す。KDDIの山田靖久理事は「ドローンで、水など物資を運ぶことや、遭難者とコミュニケーションを取ることもできるようにしたい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ