PR

ニュース 経済

ポケモンGO「いつでも冒険モード」の功罪

 ついにその時が……!?

 月曜日の午前9時。タマゴの枠やポケモンボックスの空きを再度チェックして、いよいよリワードをもらいます。フレンドの相棒を見て歯ぎしりするのも今日まで。10kmタマゴが出てきたらすぐ「スーパーふかそうち」にたたき込み、旅に出る覚悟で画面をタップしました。

リワードを入手!
リワードを入手!
その他の写真を見る(11/14枚)
たくさんのボールがわき出します
たくさんのボールがわき出します
その他の写真を見る(12/14枚)

 たくさんのボールがわき出します。それに混じってタマゴが出て……きません、ね。

ぼうけんノートを確認
ぼうけんノートを確認
その他の写真を見る(13/14枚)

 ……。

タマゴの画面を二度見
タマゴの画面を二度見
その他の写真を見る(14/14枚)

 ……。

 _(:3」∠)_

 そう、タマゴの枠を開けたからといって、必ずタマゴが出てくるとは限りません。今回は25キロメートルの報酬が「ほしのすな」、50キロメートルは「ふしぎなアメ」3個というパターンだった模様。ちなみに先週とほぼ同じです。

 どうやら米Nianticは、人間から全ての気力を奪うシステムを作り上げてしまったようです。

関連トピックス

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ